酵素ドリンク|通販|きれいに痩せる|口コミ

りんごや柑橘系の果物、野菜に含まれているペクチンは、水に溶けるタイプの食物繊維で、ゼリー状に固まる(ゲル化)性質があります。

 

その名は、1825年にペクチンを発見したフランス人のJ.Braconnotによってギリシャ語の固まる、硬いを意味する「pektos」にちなんで付けられました。

 

皮の部分に特に多く含まれていることから、マーマレードなど柑橘系のジャムには皮の部分が多く利用されています。

 

ぺクチンは、ジャムやゼリーなどに使われているのが広く知られていますが、他にもあらゆる加工食品や菓子類などにゲル化剤、増粘剤、安定剤などの添加剤として使用されています。

 

また研究により、さまざまな生活習慣病を予防する効果があるということがわかり、近年特に注目を集めています。

 

ペクチンを体内に取り入れると、胃での糖の吸収を抑えたり腸の乳酸菌を増やす働きがあり、血糖値の上昇を防いだり便秘や下痢などに効果があります。

 

さらに、コレステロールを下げる働きがあることもわかってきており、動脈硬化や高血圧の予防にも効果を発揮します。

 

普段の食生活に果物や野菜を多めに摂取することでペクチンのさまざまな恩恵を被ることができますし、最近ではサプリメントや医療品でも広く使われています。