酵素ドリンク|通販|きれいに痩せる|口コミ

「アンジオテンシン変換酵素」とは、主に肺の血管の膜上に存在しているプロテアーゼ(酵素)です。全身の細胞に広く分布、精巣にも存在します。ポリペプチドの一種である「アンジオテンシン」は、血管を収縮させ、血圧を上昇させる作用がある物質ですが、アンジオテンシン変換酵素は、アンジオテンシンTをアンジオテンシンUに変化させることによって、さらに血圧が上昇させ、さらに、その他の物質を増強させることによって、さらに血圧を上げる作用があるのです。

 

その働きは、まだまだ知られていませんが、検査によって、値を測定すると、呼吸器・肝臓・腎臓、または甲状腺や糖尿病によって変動することが知られています。値が極端に高い場合は、リンパ腫や腎不全、糖尿病の時であり、肺結核や慢性白血病・肺がんの時は、非常に低い値になることが知られています。

 

 また、もともと酵素の働きを妨げる「アンジオテンシン変換酵素阻害薬」は、アンジオテンシンの変換や、いくつかの血圧上昇の働きをする物質を阻止して、血管を拡張する薬であり、血圧を下げたり、心不全や腎不全の治療に役立てられていますが、最近は脳の認知症にも効果的であり、アルツハイマーなどの病気にも使えることが発見され、様々な分野で期待される薬です。