酵素ドリンク|通販|きれいに痩せる|口コミ

ピルビン酸脱炭酸酵素はピルビル酸をアセトアルデヒドと炭酸ガスに分解する役割を持っている酵素で、アルコール発酵などにおいては重要な酵素の一つとして利用されています。

 

アルコール発酵の仕組みは、酵母や細菌などの作用によって、ブドウ糖などの糖類からエチルアルコールと炭酸ガスを作るというもので、ビールや日本酒の醸造や工業用のアルコールとして応用されています。

 

ピルビン酸脱炭酸酵素によって、分解される物質のピルビン酸とは、全ての生物に共通して存在している低分子物質で、エネルギーを代謝する役割を持っています。

 

アセトアルデヒドは独特の刺激臭のある無色の液体で、エチルアルコールを酸化させることによって発生する物質です。

 

人間の食生活において摂取されたアルコールは肝臓で毒性のあるアセトアルデヒドになり、酵素によって分解されて無毒の酢酸になります。基本的にはアルコール自体には毒性がありませんが、分解されるプロセスの中で作られるアセトアルデヒドの毒性のために、肝臓の機能を弱めてしまったり、肝炎や脂肪肝になってしまうことがあります。
ピルビン酸脱炭酸酵素の働きによって生成されるアセトアルデヒドは血中濃度が上がると、頭痛や嘔吐などの中毒症状が現れます。