酵素ドリンク|通販|きれいに痩せる|口コミ

アルデヒド脱水素酵素とは摂取したアルコールを代謝するときに肝臓で作られる有毒なアセトアルデヒドを無毒の酢酸に分解する役割を持つ酵素です。

 

飲酒によって摂取されたエチルアルコールは胃と小腸で吸収されますが、血液として肝臓に運ばれるとそこでアルコール脱水素酵素の力でアセトアルデヒドが酢酸に分解される仕組みとなっています。

 

アミノ基転移酵素とはアミノ酸を作り出す酵素で、さまざまな病気の診断や追跡のために重要な役割を果たしています。
アミノ基転移酵素は肝臓が障害を受けている場合には酵素が血液中にもれ出ることがあるので、体液中の濃度を測ることによって、肝臓が正常な状態に保たれているかを知ることができます。

 

濃度が極めて高い場合にはウイルス性肝炎や虚血性肝不全、薬物や毒物による肝障害などが疑われるために、これらの診断に使用されています。アルコールを分解する酵素は人によって存在する量が異なっているので、これが原因となってお酒に弱い人や強い人の差異が生まれています。お酒に強い人はアセトアルデヒドの分解力が非常に強く、悪酔いなどをしにくいタイプですが、アルコール依存症になるリスクが非常に高く、日本のアルコール依存症患者の9割弱はお酒に強いタイプの人であるとされています。