酵素ドリンク|人気|ランキング|口コミ|きれいに痩せる

消化とは、生物が自分の栄養源となる体外の食物を吸収するために、より低分子の状態に分解することです。
一般に、動物や菌類は自分以外の生物やその遺体などの有機物を取り込んで生活しています。
しかし、食物を構成する物質を取り込むしては大きすぎて、細胞膜を透過することができません。
従って、それらの物質をより細かく砕いて、低分子に分解しなければなりません。この働きが消化という行いです。

 

消化を行うために、これらの生物はその分解を行う酵素を分泌します。
酵素がある程度細かく砕いた物質を吸収できる低分子に分解します。これを消化酵素といいます。
使われた消化酵素はそのまま、分解された物質と一緒に吸収されます。

 

また、酵素の働きを助けるため、あるいはその働きやすい環境を作るために酸などを分泌するものもあります。
また、有機物の分解をするためには、元の材質が大きい塊であればそれを細片に分けること−咀嚼といいます。−や、
油脂系の物質を懸濁状態にする(乳化)ことなども必要な場合があるので、それらの操作も消化の働きの一部です。

 

また、一部には自らは消化できないものを分解するために、微生物などを共生させているものもあります。
この場合、その動物が吸収するのは微生物に分解させた物質であるが、同時に微生物そのものも食料とされています。

 

消化の過程を得て、糖質はグルコース、タンパク質はアミノ酸、脂肪は脂肪酸・グリセロール・モノアシルグリセロール
へとそれぞれ分解されます。

 

消化は消化管で数段階に分けて行われ、咀嚼など機械的な分解と、消化酵素などによる化学的な分解があります。
これを行う器官を消化器官といいます。胃、腸などになります。

 

消化は腸(小腸)上皮の膜部分で行なわれます。膜消化・表面消化(接触消化)といわれます。

 

発酵食品は乳酸菌などの働きで、体外で既に、分子レベルまで分解されているので、体内に取り込んだ場合、消化酵素を
使わずに消化、吸収することができるので、体内の消化酵素の使用を節約できます。

 

人間が体内で生成できる酵素の量には限界があると言われており、消化酵素の節約は人体にとってとても有益なことです。