酵素ドリンク|人気|ランキング|口コミ|きれいに痩せる

私たちが「みかん」といっているの「温州みかん」のことを指します。
「温州みかん」には色々な種類がありますが、店頭では「有田みかん」、「愛媛みかん」など生産地の名前で販売されています。
みかんには甘味と酸味があって、そのバランスが美味しさの決め手となっています。

 

みかんの主な栄養成分(可食部100g中)は、ビタミンC(32mg)、βクリプトキサンチン(1900mcg)、食物繊維(1g)です。

 

みかんの主な効果は美肌効果、風邪予防、便秘改善、高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、がん予防など。

 

みかんはビタミンCを豊富に含んでいるので、肌荒れや風邪予防に効果的、また果肉の袋(じょうのう膜)には便秘改善の作用があるペクチンも多く含まれています。
さらに袋や白いスジには、フラボノイドの一種「ヘスペリジン」が含まれていて、高血圧や動脈硬化を予防する効果があるといわれます。

 

「βクリプトキサンチン」の含有量は果物の中でトップクラスです。
みかんをたくさん食べると肌が黄色くなりますがそれは「βクリプトキサンチン」の影響ですが、実害はありません。
他し、果糖の摂り過ぎになりますので注意書しましょう。

 

βクリプトキサンチンは体内でビタミンAとして働き、消化器官や視力を保持してくれます。
また、βクリプトキサンチンは発がん抑制作用や老化予防にも期待されています。

 

みかん食物繊維にはペクチン含まれていて、これには整腸作用の他、消化酵素のひとつである膵リパーゼの働きを阻害する作用があるとされる。
これを食前に摂取することにより食物中に含まれる脂肪の吸収を抑制することができるといわれています。