酵素ドリンク|人気|ランキング|口コミ|きれいに痩せる

センシンレン(穿心蓮)は中国やタイ、インド、パキスタン等の森林に生息する植物です。
茎と葉が古くから薬草として利用されてきたハーブで「驚異のハーブ」と呼ばれてています。

 

用途は鼻や喉の呼吸器感染や熱、ヘルペスなどの慢性感染症に使われてきました。
また、ヨーロッパでは風邪の予防治療薬として一般的によく知られて、使われてきました。

 

最近、ガンやエイズ、または細菌性ウィルス性疾患に効果があることが分かってきました。

 

風邪、熱、インフルエンザ、季節の変わり目などのウィルス感染を防ぐことが分かっています。
また、風邪の典型的症状−鼻水、頭痛、のどの痛み、倦怠感−を緩和する効果があります。

 

さらに、乳がん、前立腺がんのがん細胞を阻害する他、血管形成手術後の回復を早める働きもあることがわかってきまし

 

その他のセンシンレンの効果としては
○血糖値を下げる
○解熱解毒消炎抗菌作用が強い
○胃や腸の初期ガンに効果
○閉塞性血栓血管炎の治療

 

といわれています。

 

最近、センシンレンは免疫システムの活性化力が強力なことで注目されています。
アメリカの国立ガン研究所が推奨するほどで、今欧米でこのハーブが非常に注目を集めています。

 

センシンレンに含まれるAGP(アンドログラフオリド)という成分が、人体の免疫システムの向上に
大変有効でWHO(世界保健機構)でも認められているというほどだそうです。
AGPをサプリメントで摂ることで体の免疫力を高めてガンやエイズ、または細菌性ウィルス性疾患に備えようと提唱されています。

 

このAGPを主成分としたサプリメントやセンシンレンエキスが日本でも各種発売され、大手通販サイトでも扱われています。

センシンレン、注目のサプリメント