酵素ドリンク|人気|ランキング|口コミ|きれいに痩せる

アボボラとは日本でいう「カボチャ」のことです。
ポルトガル語ではカボチャのことを「アボボラ」といいます。

 

日本には南方より伝わりましたが、その時に、アボボラがらカンボジア、
カンボジアからカボチャに変わったと言われています。

 

カボチャはカロテン、ビタミン類を多く含む緑黄色野菜で主に食用としています。
数多い栄養成分の中でも、特に目をひくのがβ-カロチンで、β−カロチンは、細胞の老化、
がん化を防ぐ働きがります。
また、免疫力を強化し、細菌やウイルスから身体を守る風邪を予防する働きもあります。

 

また、β-カロチンに加えてポリフェノールやビタミンC、Eなどの抗酸化成分が豊富に含まれているため、
アンチエイジング効果が高いです。
ナトリウム(塩分)を排泄する役割があるカリウムをたくさん含んでいるので、高血圧のも効果があります。

 

カボチャを食べる時は、わた、種を捨ててしまいますが、それはもったいない話で、

 

カボチャのわたは食物繊維が多く、果肉の2倍ものβ-カロテンを含んでいて、食物繊維たっぷり、免疫力アップ、
美肌効果のスグレモノです。

 

カボチャの種には、悪玉コレステロールのLDLを撃退する物質が豊富に含まれているそうで、
種は乾燥させた後、煎って食べます。種には、ポリフェノールの一種であるリグナン類が含まれ、
女性ホルモンのバランスを整える作用もあるため、過敏性膀胱や頻尿などの排尿障害を軽減する効果が期待できます。