酵素ドリンク|人気|ランキング|口コミ|きれいに痩せる

ミレットとは雑穀のことです。

 

日本人は古来からあわ、ひえ、きび、ハト麦などの雑穀を栽培し、主食として、それに野菜や魚をく組み合わせる健康的な食生活を送ってきました。
雑穀は日本人の長寿と健康を支えてきたといえます。

 

大量の白米を効率よく生産できるシステムが確立してから、主食はすっかり白米中心となりましたが、
近年、雑穀の持つ栄養価が見直されて、白米に雑穀を混ぜた雑穀ごはんや、雑穀米などがが注目され、様々な商品が開発されてきました。

 

雑穀の栄養成分の特徴は
○大麦:白米と比較して食物繊維約19倍、カルシウム約3倍、カリウム約2倍。
○きび:白米と比較して、食物繊維約3倍、カルシウム約2倍、マグネシウム約4倍、鉄分約3倍、カリウム約2倍。
○あわ:白米と比較して、食物繊維約7倍、カルシウム約3倍、マグネシウム約5倍、鉄分約6倍、カリウム約3倍。
○ひえ:白米と比較して。食物繊維約8倍、マグネシウム約5倍、鉄分約2倍、カリウム約3倍。
○アマランサス:白米と比較して、食物繊維約15倍、カルシウム約32倍、マグネシウム約12倍、鉄分約12倍、カリウム約7倍。
○黒米:白米と比較して。食物繊維約7倍、カルシウム約4倍、マグネシウム約5倍、カリウム約7倍、ビタミンB1約4倍。
○赤米:白米と比較して、食物繊維約8倍、カルシウム約3倍、マグネシウム約4倍、カリウム約3倍、ビタミンB1約5倍。

 

と、食物繊維を始めとして、ミネラルやビタミンが実に豊富です。

 

そして、雑穀の持っている健康効果には、次のようなことが上げられています。
○血糖値上昇抑制作用、血中コレステロール値の抑制作用
○善玉コレステロールの値を高める効果
○慢性貧血病や老人骨粗しょう症の予防
○利尿作用として皮膚の保湿作用、解毒作用があるといわれている。
○美肌効果
○動脈硬化を予防し、発ガンの抑制効果
○血中コレステロール低下作用、血圧上昇抑制作用、血糖値の改善作用

 

雑穀を毎日の食事に取り込むことは、現代人が抱えている生活習慣病や肥満、ダイエットにとても効果的であることが言えますね。