酵素ドリンク|人気|ランキング|口コミ|きれいに痩せる

大豆は農作物として世界中で広く栽培されています。日本には縄文時代にすでにあったとのことです。
大豆の最大の特徴は、植物としては珍しく、牛乳や卵と同等の良質なタンパク質を豊富に含んでいることです。
また、日本では、日本料理や、その調味料の味噌、醤油、納豆などの原材料として中心的役割を果たしています。

 

大豆の利用は多岐にわたっています。

 

納豆菌などを繁殖させて納豆に。納豆菌の分泌するプロテアーゼによってダイズ種子中のタンパク質を分解させると、タンパク質の消化吸収効率が増大します。
大豆を暗所で発芽させるとモヤシ、
未熟大豆を枝ごと収穫し茹でると枝豆、

 

大豆を搾ると大豆油、
煎って粉にするときな粉、
蒸した大豆を麹菌と耐塩性酵母で発酵させると醤油、味噌
また蒸した大豆を納豆菌で発酵させると納豆となる
熟した大豆を加水・浸漬・破砕・加熱したものを搾ると液体は豆乳、その残りはおから、
豆乳を温めてラムスデン現象によって液面に形成される膜を湯葉
にがりを入れて塩析でタンパク質を固めると豆腐
豆腐を揚げると「油揚げ」「厚揚げ」
焼くと「焼き豆腐」
茹でて「湯豆腐」
凍らせて「凍み(高野)豆腐」

 

等。

 

また、大豆イソフラボンは女性ホルモン作用を示すことから骨粗鬆症や更年期障害の軽減が期待され、
骨粗鬆症予防効果、更年期障害の緩和に加えて、抗動脈硬化作用の可能性もあります。
乳がんや前立腺がん等の予防にも効果があるといわれています。

 

しかし、近年「大豆イソフラボン」を、サプリメントなどによる過剰な摂取は控えた方が良いと言われています。