きれいに痩せる|酵素ドリンク|下半身太り

山芋は、収穫は秋口ですが、貯蔵ものが年間を通して店頭に出回ってて、貯蔵ものは、冬場になると粘りが出て味もよくなります。
似たようなものに、長芋があり、混同されている向きもありますが、長芋に比べてする遥かに粘り気が強く、別物です。
昔は日本の山野に自生していましたが、最近では自生の山芋は珍しく殆どが栽培物です。

 

山いもは昔から滋養強壮のスタミナ食品として利用されてきました。
山薬(サンヤク)といって、糖尿病や滋養強壮に効く「八味地黄丸(ハチミジオウガン)」の成分になっています。
ネバネバのもとのムチンは、アンチエイジングに効果のある成分ですし、コリン、サポニン、アルギニンといった特殊な成分は、
内臓の機能を高め、精力増強を促進してくれます。体が弱く、病気にかかりやす人には嬉しい食物です。

 

山芋の主成分は消化のよいアルファでんぷんです。また、分解酵素のアミラーゼ、オキシダーゼ、グリコシダーゼなどが豊富に含まれており、
消化を促し、胃腸への負担を減らすと同時に、腸内環境を改善して、腸粘膜の機能を高め、膵臓インシュリン分泌を正常化してくれます。
胃弱、消化不良にも山いもは効果があります。

 

このように山芋は体に良い食物ですので、いつも食卓に載せたいのですが、カリウムが多いので腎不全の方には注意が必要です。