きれいに痩せる|酵素ドリンク|下半身太り

夏の緑黄色野菜としてのピーマンですが、最近では1年中スーパーの野菜売り場の店頭に並んでいます。

 

ピーマンは夏バテを防ぎ、疲労回復に効果を発揮します。
暑い夏を乗り切るにはスタミナ摂取が大切ですが、特にビタミンAとCは欠かせません。
ピーマンならビタミンAトマトと同等量、ビタミンCはレモンの2倍、トマトの4倍も含んでいます。
ピーマンのビタミンCは油との相性が良く、炒めものなどに最適で手っとり早く摂取できて効果的です。

 

ビタミンCは脂肪の代謝を促し、血中の脂肪を除いてくれますので、高血圧や動脈硬化の人には嬉しい働きがあり、
シミ、ソバカスなどメラニン色素の沈着を防ぎ、同時にビタミンDが血行をよくして肌を滑らかに美しくしてくれますので、
お肌の美容にも効果的です。

 

その他ピーマンにはビタミンは、B1、B2、D、Pを含み、鉄やカルシウムなどのミネラルも豊富に含まれています。
中でもビタミンPはビタミンCの吸収を助け、毛細血管を丈夫にする働きがありますので高血圧に効果があるといわれています。

 

ピーマンのきれいな緑色は大量に含まれている葉緑素によるものですが、
葉緑素は血中のコレステロールを掃除して、血管や血液の浄化し、腸を整える働きで、便通をよくして、排泄機能を高めてくれます。

 

ピーマンを焼いて肉料理のつけあわせにしたり、中華料理の青椒肉絲のように炒めて使うのが良いとされています。