ケツメイシ|酵素ドリンク|ダイエット|通販|きれい|痩せる

クワ葉

ケツメイシとは、エビスグサというマメ科の植物の種子のことです。

 

エビスグサはアジアの熱帯地方を中心に広く分布している植物で、その種子は中国で古くから漢方薬として用いられてきた歴史があり、3世紀の頃には視力を回復させる漢方薬として利用されていたことが当時の文献に記されています。

 

エビスグサは日本国内にはほとんど自生していなかったこともあり、漢方薬として利用されることはあまりありませんが、近年では健康志向の高まりを受け、ケツメイシのお茶がハブ茶として流通するようになっているほか、ハトムギなどと混ぜ合わせたものも健康茶として流通しています。

 

ケツメイシはもともとは結膜炎などの目の病気に効果がある漢方薬として利用されていましたが、漢方薬として普及するにつれて整腸作用や利尿作用を持つことがわかり、現在では主に整腸剤や利尿剤として用いられています。

 

なおケツメイシの持つ作用については科学的にも研究が進められ、種子にはアントラキノン誘導体やナフタリン誘導体が含まれることが判明し、中でもアントラキノン誘導体の働きによって腸の動きが活性化され、その緩下作用によって便秘や腹部膨満感が解消されることが解明されています。
なお、ケツメイシのその他の効果としては、血圧を低下させる効果や胃液の分泌を抑制する効果などもあることが分かっています。