消化酵素|酵素ドリンク|ダイエット|通販|きれい|痩せる

消化酵素

消化酵素とは食物を摂取した際に体内で栄養素に分解する酵素のことを言います。
分解される栄養素により、炭水化物分解酵素、タンパク質分解酵素、脂肪分解酵素の3つに大きく分けれれます。

 

○炭水化物分解酵素は唾液、膵液、腸液に含まれます。主な酵素としてはアミラ−ゼなどがあります。
○タンパク質分解酵素は胃液、膵液、腸液に含まれます。主な酵素としてはペプシン、トリプシン、アミノペプチダ−ゼ などがあります。
○脂肪分解酵素は膵液に含まれます。主な酵素としては膵リパーゼ(ステアプシン)などがあります。
また、胆汁などは消化酵素が含まれませんが、酵素の働きをよくします。

 

食物が体内でどのような消化酵素によって分解されるかは以下の通りです。
デンプンの場合、唾液や膵液に含まれるアミラーゼにより麦芽糖に分解され、その後、腸液に含まれるマルターゼによりブドウ糖に分解されます。
ショ糖の場合、スクラーゼによりブドウ糖と果糖に分解されます。
乳糖の場合、ラクタ−ゼによりブドウ糖とガラクトースに分解されます。
タンパク質の場合、ペプシン塩酸、トリプシン、ペプチダ−ゼ によりアミノ酸に分解されます。

 

食物が体内でどのような消化酵素によって分解されるかは以下の通りです。
デンプンの場合、唾液や膵液に含まれるアミラーゼにより麦芽糖に分解され、その後、腸液に含まれるマルターゼによりブドウ糖に分解されます。
ショ糖の場合、スクラーゼによりブドウ糖と果糖に分解されます。
乳糖の場合、ラクタ−ゼによりブドウ糖とガラクトースに分解されます。
タンパク質の場合、ペプシン塩酸、トリプシン、ペプチダ−ゼ によりアミノ酸に分解されます。
脂肪の場合、リパーゼによって胆汁で乳化された脂肪(中性脂肪)を脂肪酸とグリセリンに分解されます。