キダチアロエ|酵素ドリンク|ダイエット|通販|口コミ

キダチアロエ

キダチアロエは、もともと地中海沿岸や南アフリカで、エジプトなどの地中海沿岸原産の植物で、古来より人々が健康維持をするための薬として使用されてきました。

 

日本には鎌倉時代に中国から渡来し、日本の気候に合うために現在では家庭などでも多く栽培されています。

 

アロエは、ヘブライ語の「苦い」という言葉から由来しており、葉を噛むと強い苦みを感じます。
「医者いらず」、「医者しらず」などと言われ、葉汁を生のまま飲んだり、葉をすりおろしたり、輪切りにして水で煮出したりして服用したり、葉を外用として使用するのが一般的な使用方法です。

 

キダチアロエは、外用として使用すると、粘質性のムチン質が老化した皮膚の結合組織を潤し、アミノ酸や糖タンパクなどの含有成分が細胞を活性化し、内服の場合は、苦み成分のアロインとアロエエモジンが胃腸を刺激して、胃液の分泌を促進して消化活動を活発にし腸を蠕動させて便秘を解消させるので、便秘に伴うのぼせや肌荒れ、吹き出物などの改善に効果的です。

 

また、アロエの粘液には、アロエウルシンという成分が含まれ、潰瘍になっている部分を覆い治癒効果と血液凝固作用によって胃壁の出血を止める役割もあります。

 

その他にも、コレステロール値を下げる作用や血液の循環促進効果により、心筋梗塞や脳卒中の予防、血圧の降下作用など、現代日本人に多い症状を改善することもできます。