酵素ドリンク|通販|きれいに痩せる|口コミ

脂肪代謝とは、人間の体には大きく分けると2種類の脂質があり、中性脂肪とコレステロールに分けられます。これらの脂質は運動をする際のエネルギーとして使われます。この時に脂質からエネルギーに生成する働きを脂肪代謝と言います。

 

中性脂肪やコレステロールなどの脂質は直接エネルギーになるわけではなく、脂肪酸というものに変わってからエネルギーに変化します。そして脂質から脂質酸に変化する際には、糖の貯蔵量が減少をしてインスリンが低下することにより起こるのです。

 

脂肪代謝に影響してくるものは栄養と運動になります。これは飢餓状態や消費カロリーが摂取カロリーを上回った時に糖の貯蔵量が少なり脂肪代謝が始まります。

 

脂肪代謝を高めるには弱い負荷を長時間かけることが有効です。ですのでウォーキングやゆっくりとしたペースでのジョギングなどが効果的になります。

 

強い負荷で短時間の運動になるとエネルギー源は糖となり、脂肪の代謝を抑制してしまいますが、運動後に代謝が亢進するのです。

 

要するに弱い負荷を長時間かけると運動中に代謝が行われますが、強い負荷を短時間かけると運動中には代謝は行われませんが、運動後に代謝が行われるのです。ですので代謝を促すのに運動だけではなく、摂取カロリーとのバランスが大事だという事になります。