酵素ドリンク|通販|きれいに痩せる|口コミ

近年健康ブームの影響で、体脂肪率が測れる体重計が当たり前の様になってきました。
体重は勿論、この体脂肪率で一喜一憂する事も。

 

体脂肪率とは、体重のうち体脂肪の重さが占める割合の事をいいます。
体脂肪は、皮下脂肪と内臓脂肪などに分けられ、脂肪が体のどこについているかで分けられます。

 

体脂肪と聞くと、どちらかと言えばマイナスのイメージがありませんか?
しかし脂肪には、私達が生きる為の必要なエネルギーを貯蔵したり、内臓を保護する働きもあるのです。
つまり、脂肪が少なすぎても良くないのです。

 

算出の仕方は、体脂肪率(%)=[体脂肪の重さ(kg)÷体重(kg)]×100。
だいたい男性の場合は25.0%以上、女性の場合は35.0%以上の人が、脂肪量が多く肥満に分類されます。
該当する人は、健康に支障をきたしかねないので注意が必要です。

 

体脂肪率は、測るタイミングによってかなり変動します。
入浴後、食後などは電流の流れに影響を与える事から、正しく測定出来ないと言われています。
正しく測る為には、入浴後または食後から2〜3時間経過してからにしましょう。
また、毎日同じ時間帯に測る事が、自分の健康を管理する為にも大切です。

 

ダイエット中に、体重は減っていても脂肪率が減っていないという時は、筋肉量が落ちているという事になります。
筋肉量が多ければ必然的に脂肪も燃えるので、正しく測定しながら、健康的なダイエットをしましょう。